西宮市今津久寿川町で不動産売買をお考えの方は、株式会社Fineblue

お問い合わせはこちら

西宮市今津久寿川町で不動産売買をお考えの方は、株式会社Fineblue

西宮市今津久寿川町で不動産売買をお考えの方は、株式会社Fineblue

2021/05/10

西宮市 今津久寿川町の不動産売買ならお任せ下さい!

不動産売却・購入は、株式会社Fineblueまで

 

西宮市 今津久寿川町の不動産をご所有の方、ご売却のご相談は、株式会社Fineblueにお任せ下さい。

また、西宮市 今津久寿川町の不動産を購入をご検討されている方も株式会社Fineblueにお声掛け下さい。

弊社では、西宮市今津久寿川町の不動産売買をお考えの方に良きパートナーとしてお客様に寄り添って、売買のお手伝いをさせて頂いております。

どんな事でも、お気軽にお問い合わせください。ご連絡、お待ちしております。

 

今津久寿川町 【名前の由来】

阪神久寿川駅のすぐ東側を流れる川が久寿川です。そこから、およそ100m東には、新川があります。今津港に流れ込む直前で合流するこの二つの川に挟まれた細長い町が今津久寿川町です。久寿川とは、いかにも縁起の良さそうな名前です。

江戸時代には、久寿川流域を含む鳴尾や今津などは、砂地が多く、綿花や油菜が栽培されました。こうした商品作物の栽培には、肥料が不可欠で鰯などを干した、干鰯や菜種から油を取った後の油粕のほか、有効な肥料として人間の糞尿が利用されました。地元の物では足りず、西宮はもちろん、大阪や京都などからも買い付けたのですが、都市の衛生を守る点でも、究めて合理的で江戸時代は、なかなかのリサイクル、エコロジーの時代だったと言えます。

今津の畑へは、今よりもずっと川幅も広く水量も豊かだった久寿川を通って小船で運ばれました。その為、クソ川と呼ばれた時代がありましたが、そこにいつか美しい漢字をあてて、久寿川と呼びならわす様になりました。

大正15年沿線の村々に近代化の風を吹き込んだ阪神電車が新たに久寿川を駅名として採用しました。さらに昭和13年の町名改編では、字高潮・洲鳥・網引のうち新川と久寿川に囲まれた地域も、川の名前をとって今津久寿川と名付けられました。

大正から昭和にかけて都市化が進んだ今津は、久寿川駅周辺にあった今津公設市場は、活況を呈していました。海辺には、阪急電鉄が大正11年から今津火力発電所の操業を開始しました。新川の東では、阪神電車による甲子園開発が真っ盛りで、かつてののどかな田舎の風景は、確実に変貌していきました。この頃に阪神甲子園球場も建設されました。

まとめ

今津久寿川町は、川の名 久寿川は、肥料として糞尿を運んだことからの呼び名に漢字をあてたもの。この川の名を昭和13年 町名に採用

今津久寿川町 中古戸建物件のご紹介

西宮市 今津久寿川町 中古戸建の空室情報ならコチラ。自然なイメージを感じることの出来るフローリングとなっています。高さと奥行のある押入は魅力がありなんでも収納できちゃいます。今回紹介するのは、建物面積が48.59平米。西宮市エリアや阪神本線久寿川付近で、一戸建て探しサポートを致しております。マイホームの購入をご予定なら、お気軽にお問い合わせください。

外観

 

 

 

間取り

 

 

 

洋室

 

 

 

キッチン

 

 

 

食洗器

 

 

 

洋室

 

 

 

お風呂

 

 

 

トイレ

 

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。