西宮市今津社前町で不動産売買をお考えの方は、株式会社Fineblue

お問い合わせはこちら

西宮市今津社前町で不動産売買をお考えの方は、株式会社Fineblue

西宮市今津社前町で不動産売買をお考えの方は、株式会社Fineblue

2021/05/11

西宮市 今津社前町の不動産売却・購入ならお任せ下さい!

不動産売却・購入は、株式会社Fineblueまで

 

西宮市 今津社前町の不動産をご所有の方、ご売却のご相談は、株式会社Fineblueにお任せ下さい。

また、西宮市 今津社前町の不動産を購入をご検討されている方も株式会社Fineblueにお声掛け下さい。

弊社では、西宮市今津社前町の不動産売買をお考えの方に良きパートナーとしてお客様に寄り添って、売買のお手伝いをさせて頂いております。

どんな事でも、お気軽にお問い合わせください。ご連絡、お待ちしております。

 

今津社前町 【名前の由来】

今津港から今津社前町の真ん中を北へ延びる道路は、かつては両脇を酒蔵が埋め尽くしていました。また、学問と文化の街だった今津の象徴ともいえる大観楼(酒造家の飯田桂山が建てた学問所)が建っていました。大観楼では、京都から著名な学者が招かれるなど古くから教育熱心な土地柄だった。

現在の西宮インターチェンジのあるこの場所から今津の街の繁栄を見届けて来たのが福應神社でした。その南側は、神社にちなんで字宮前と呼ばれていました。しかし、昭和13年の町名改編では、西宮神社の南の宮前町と重複することから同様の意味を持つ社前(字宮前→社前)という言葉に代えて新町名は今津社前町と決まりました。

その後、町は自動車社会の到来によって、大きく表情を変える事になります。新道路基盤建設の為に実施された大規模な区画整理によって、長くこの地で親しまれてきた福應神社は、隣の今津大東町に移転しました。その結果、広々とした国道43号線が昭和37年に開通しました。また、西宮から名古屋に至る、日本で最初の自動車専用高速道路である名神高速道路が昭和39年に開通しました。そして西宮インターチェンジも建設され、現在の私たちの生活を支えてくれている道路網が完成したのです。

まとめ

今津社前町は、福應神社の南に位置していたことから、字宮前と名付けられるが、西宮市との合併後、西宮神社の南にある宮前町との重複を避け、同じ意味の別語になったそうです。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。