西宮市今津野田町で不動産売却購入をお考えの方は株式会社Fineblue

お問い合わせはこちら

西宮市今津野田町で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

西宮市今津野田町で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

2021/05/15

西宮市 今津野田町の不動産売却・購入ならお任せ下さい!

不動産売却・購入は、株式会社Fineblueまで

 

西宮市 今津野田町の不動産をご所有の方、ご売却のご相談は、株式会社Fineblueにお任せ下さい。

また、西宮市 今津野田町の不動産を購入をご検討されている方も株式会社Fineblueにお声掛け下さい。

弊社では、西宮市今津野田町の不動産売買をお考えの方に良きパートナーとしてお客様に寄り添って、売買のお手伝いをさせて頂いております。

どんな事でも、お気軽にお問い合わせください。ご連絡、お待ちしております。

 

今津野田町 【名前の由来】

今津野田町を走るのは、名神高速道路です。東名・中央道と共に大都市を結ぶ日本の大動脈の一つです。

昭和15年に誕生した今津野田町が受け継いだ旧字野田は、各地にみられる地名の一つで湿地や泥深い田んぼといった意味で、沼田(ぬた・ぬだ)と語源は同じです。大阪市にある野田も東隣の梅田(埋め田)を語源とする梅田と同様、湿地が陸地化した場所です。今津の野田もかつて周囲には、川内、浜田と言った水に関係する字名があり、一帯が湿地や泥深い田んぼだった事を偲ばせています。そんな野田の地は、既に平安時代中ばには、荘園として発展していました。荘(庄)園とは、中央貴族や神社、お寺がオーナーになって、多くの農民を使って展開した農園で野田は、野田庄と呼ばれていました。ちょうど、その頃の権力者の一人に平清盛がいます。栄華を極めた清盛は、数ヶ月だけでしたが、現 神戸市内に福原という都を営んでいた事がありました。福原と京を結ぶ途中にある野田の庄園では、清盛が奉行の一人と面会した記録があります。ここからも野田が長い歴史を経てきた地名である事が分かります。

まとめ

今津野田町

野田は「湿地・泥深い田んぼ」の意、旧字名を引継いだ町名

今津野田町 エンゼルクレッセ甲子園のご紹介

エンゼルクレッセ甲子園は1999年9月に竣工した総戸数21戸の9階建てのマンションです。専有面積は64.50㎡と67.84㎡、間取りは2LDK+Fと3LDKでDINKSやファミリー向けのマンションです。エンゼルクレッセ甲子園は住戸が東と南向きに配置され、その全てが角住戸の設計で通風や採光は良好です。各住戸には床暖房と浴室乾燥機、浄水器が備わり、エントランスはオートロック式で、宅配ボックスも設置されています。敷地内には砂場や遊具のあるプレイロットも設けられています。徒歩9分圏内にはバラ園のある大きな公園や、幼稚園や小、中学校などの各教育施設があり、周辺には大型スーパーや病院、郵便局などの生活施設も充実しており、利便性に優れた環境にあります。エンゼルクレッセ甲子園は阪神電鉄本線の久寿川駅より徒歩8分です。また阪急電鉄今津線の今津駅より徒歩11分と2路線2駅利用でき通勤や通学に便利です。近くには甲子園球場があり野球観戦を楽しむことが出来ます。

外観

 

 

 

エントランス

 

 

 

エントランス

 

 

 

エントランス

 

 

 

その他

 

 

 

駐車場

 

 

 

駐輪場

 

 

 

ゴミ置場

 

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。