西宮市甲子園高潮町で不動産売却購入をお考えの方株式会社Fineblue

お問い合わせはこちら

西宮市甲子園高潮町で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

西宮市甲子園高潮町で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

2021/09/07

西宮市 甲子園高潮町の不動産売却・購入ならお任せ下さい!

不動産売却・購入は、株式会社Fineblueまで

 

西宮市 甲子園高潮町の不動産をご所有の方、ご売却のご相談は、株式会社Fineblueにお任せ下さい。

また、西宮市 甲子園高潮町の不動産を購入をご検討されている方も株式会社Fineblueにお声掛け下さい。

弊社では、西宮市甲子園高潮町の不動産売買をお考えの方に良きパートナーとしてお客様に寄り添って、売買のお手伝いをさせて頂いております。

どんな事でも、お気軽にお問い合わせください。ご連絡、お待ちしております。

 

甲子園高潮町 【名前の由来】

甲子園球場の西側に古典にちなむ趣深い町名が並んでいます。甲子園浦風町、甲子園高潮町、甲子園洲鳥町、甲子園網引町です。高校球児の憧れ、阪神タイガースのホームグラウンドとして全国に名高い甲子園球場に隣接する事から、その名を冠した町名です。しかし、甲子園の名が付いたのは、昭和39年のこと。それまでは、かつての大字名今津を頭にして、昭和39年までは、今津浦風町、今津高潮町、今津洲鳥町、今津網引町と呼ばれていました。この地は、旧中国街道より南、東を流れていた、かつての枝川と申川、今も西を流れる新川に挟まれた地帯です。砂地がちの地で明治時代の地図では、空白地帯になっています。開発が始まったのは、大正期です。大正6年、先陣を切って、甲陽中学校(現:甲陽学院 昭和53年に角石町に移転)が創設されました。東隣りの鳴尾村でも甲子園開発が始まり、今津町の宅地開発にも拍車がかかり、大正15年、住宅地利用に向けて、周辺地の整備が行われました。何もなかった砂地には、縦横に道路が整えられ、現在の甲子園浦風町あたりは、旧字らしい南六石という字が記されていますが南の3町には、高潮、洲鳥、網引の名が既にありました。新川には、橋がかかって、今津の中心部と繋がっていますが、この橋の名前が浦風橋、高潮橋、洲鳥橋、網引橋、町名の由来となった橋なのです。

 

甲子園高潮町は、新川の東、阪神電車と国道43号線に挟まれているあたりに位置する。町名の由来となった高潮橋は、かつて国道43号線あたりに架かっていました。高潮になる度、海水に浸かった為、高潮橋と名付けられたそうです。現在、国道43号線の橋は、新川橋ですが、白魚橋と呼ばれた事もあった様です。江戸時代、日本山海名産図会にも紹介された今津西宮の白魚漁業から付けられたのでしょう。今津の白魚は、今津に多かった酒蔵から出る酒米の研ぎ水で白くなると言われたほど美しく新春の食膳を賑わしたそうです。

まとめ

甲子園高潮町は、かつて高潮のたび、海水に浸かる高潮橋があったことから名付けられた。

昭和39年今津高潮町から甲子園高潮町へ改称

甲子園高潮町 ドルフストーリア甲子園のご紹介

ドルフストーリア甲子園は野村建設工業施工の2004年10月に竣工した総戸数29戸の11階建てのマンションです。専有面積は64.52㎡~100.31㎡、間取りは3LDKと4LDKでファミリー向けのマンションです。ドルフストーリア甲子園は全住戸が南西向きに配置され、その内の約8割が角住戸で、南西と北西側の2面が道路になっており光を遮る高い建物もなく、通風や採光は良好です。各住戸には床暖房と浴室乾燥機、食器洗浄乾燥機、浄水器が備わり、24時間セキュリティーシステムも完備され、エントランスはオートロック式で、宅配ボックスも設置されています。また細則はありますがペットも飼育可能です。徒歩13分の所には小、中学校があり、最寄り駅周辺には大型ショッピングモールや図書館、各金融機関などの生活施設も充実しており利便性に優れた環境にあります。ドルフストーリア甲子園は阪神電鉄本線の甲子園駅より徒歩3分です。近くには甲子園球場がありファミリーで野球観戦を楽しむことも出来ます。

外観

外観

その他

その他

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。