失敗しない不動産売却

お問い合わせはこちら

失敗しない不動産売却

売却か買取を上手に選択

売却と買取のメリット・デメリット

売却とは、一般的に不動産会社に査定してもらい販売価格の決定をして、媒介(仲介)契約を締結します。媒介契約は、3種類ございますのでお客様に合った契約を選択します。

販売活動して購入希望者を募集します。希望者が現れましたら、物件を内覧して頂きます。内覧の結果、購入が決まれば、ご契約→引き渡しという流れになります。

メリット
相場価格ぐらいで売れる可能性が高い。
デメリット
時間が掛る場合が多く、いつ売れるか分からず1年以上掛る事もある。売れなければ、価格を下げて売り切るので場合によっては、相場より安くでしか売れない事もある。空き家でなければ、内覧の都度、予定を空けなくてはならないので面倒に思われる方も多い。

買取は、弊社または、弊社提携会社が直接物件を査定させて頂き金額にご納得いただければ、売買契約を締結し、引き渡しという流れになります。

メリット
売却に時間が掛らず、現金化の時間も読めるので予定が立てやすい。 案内の為に予定を空けなくてもよい。近隣に知られずに売却が出来る。 仲介手数料が掛らない。瑕疵担保が免責になる。
デメリット
売却と比べると売買価格が安くなる事が多い。

<媒介(仲介)契約の種類>

専属専任媒介契約
契約出来る会社は、1社だけでご自身で探した購入希望者との契約でも媒介業者を仲介会社として売買契約を締結する。
専任媒介契約
契約出来る会社は、1社だけでご自身で探した購入希望者との契約の場合は仲介会社を介さずに売買契約を締結する事が出来る。
一般媒介契約
専属専任媒介契約・専任媒介契約の様な縛りがありませんので複数社と媒介契約を締結が出来ます。また、ご自身で探した購入希望者との契約の場合は仲介会社を介さずに売買契約を締結する事が出来る。

不動産流通システムの仕組み

私ども不動産業者同士で売主様からお預かりしている物件情報を公開しています。

国土交通大臣指定の流通機構(Real Estate Information Network System)REINS(レインズ)に登録をする事で全ての不動産仲介業者に売主様の物件情報が行き渡ります。不動産業者同士お互いに情報を共有して、お客様からお預かりしている物件をスムーズに流通させる為のシステムです。

違う不動産会社なのに同じ物件がインターネットやチラシ広告等に掲載されているのもこのような仕組みになっているからです。

私どもの収入源はお預かりした物件が契約に至った際に頂く仲介手数料です。

売主様からお預かりした物件が、当社の買主様で契約に至った際は買主様、売主様双方から手数料を頂く「両手」の取引となります。

売主様からお預かりした物件をレインズに登録して他社さんがお客様に物件紹介を行い成約に至った場合は2社の共同仲介となり、当社は売主様から、お客様を付けた他社さんは買主様から手数料を頂く「分かれ」の取引となります。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。