西宮市甲子園砂田町で不動産売却購入をお考えの方株式会社Fineblue

お問い合わせはこちら

西宮市甲子園砂田町で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

西宮市甲子園砂田町で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

2021/09/14

西宮市 甲子園砂田町の不動産売却・購入ならお任せ下さい!

不動産売却・購入は、株式会社Fineblueまで

 

西宮市 甲子園砂田町の不動産をご所有の方、ご売却のご相談は、株式会社Fineblueにお任せ下さい。

また、西宮市 甲子園砂田町の不動産を購入をご検討されている方も株式会社Fineblueにお声掛け下さい。

弊社では、西宮市甲子園砂田町の不動産売買をお考えの方に良きパートナーとしてお客様に寄り添って、売買のお手伝いをさせて頂いております。

どんな事でも、お気軽にお問い合わせください。ご連絡、お待ちしております。

 

甲子園砂田町 【名前の由来】

大正末から昭和初期、都市部の急激な成長と中産階級の登場は、周辺地域の土地開発を活発化しました。武庫川支流の枝川、申川を埋立てた広大な土地に展開された阪神電鉄の甲子園開発は、民間企業による壮大な土地開発の一例で、前後して甲陽園、苦楽園、甲東園などの開発も行われています。そして、この時代、もう一つ盛んに行われたのが土地の権利者が組合を結成し、住宅開発を目的として行った耕地整理や土地区画整理でした。耕地整理組合、土地区画整理組合が存在した。大正末から、今津地区、津門地区と順に耕地整理を行ってきた今津町でしたが、現在の中津浜線沿い旧中国街道の北から国道2号線にかけてのエリアで土地区画整理が行われたのは、西宮市との合併が行われた昭和8年の翌年の昭和9年に今津地区区画整理組合が設立されました。

分譲地の当時の案内パンフレットによると甲子園などの行楽施設に近く、鉄道、バスなど交通機関に恵まれ、上水道、ガス、電灯、電話も完備、学校、公園、広い道路も準備さえている事が謳われています。「理想的住宅地、価格低廉、交通至便、空気清浄」の文字も並んでいました。

こうして、ほぼ全域で企画が整備された旧今津エリアでは、昭和10年代かつての大字名を活かした昭和13年・昭和15年に「津門〇〇町」「今津〇〇町」が一斉に誕生しました。後に甲子園春風町、甲子園浜田町、甲子園砂田町と改称される今津春風町、今津浜田町、今津砂田町という町名もこの時、誕生しました。

戦後の高度経済成長期、この辺りでも農地は少なくなり、住民も元から今津に住んでいた人より、他の地域からの転入者が大部分を占める様になりました。転勤などで移動も全国化するにつれ、高校野球などで知名度抜群の甲子園と隣り合う事から、これを町名に取り入れた方が相応しいと考えられる様になりました。こうして昭和39年に今津春風町は、甲子園春風町に、今津浜田町は、甲子園浜田町に、今津砂田町は、甲子園砂田町にそれぞれ改称され、同じ時期に8つの甲子園〇〇町が誕生しました。

中津浜線の東側にある甲子園砂田町も昭和15年、旧字名を元に今津砂田町と名付けられたのが最初です。字砂田は、浜田と同じ様に海浜や川辺に近い為、砂の多い田畑だった地名です。こうした砂地は、水田には向かず、江戸時代には、綿花などが栽培され、明治以降に国産綿花の需要がなくなってからは、いちご畑などに利用されていました。

甲子園開発では、この辺りが中甲子園と命名され、昭和5年に売り出されましたが、当初売り出しの1区画が数百坪単位で、その購入者も大正、昭和の豪商で大邸宅が並びました。その為、一帯は、小砂丘や松林など自然もよく残され、第二次世界大戦中、松の残る旧堤防に作った防空壕に飛行機などが隠されたのですが、それが災いしたのか、昭和20年の空襲で付近は、焼け野原になってしまいました。戦争が終わり、昭和27年、区画が割り直され町域が現在の形になり、その頃から再び住宅地としての活気が戻りました。

まとめ

甲子園砂田町の砂田は、砂地に開いた田という意味の旧字名を受け継いだもの

甲子園砂田町 エルグレース甲子園のご紹介

2011年3月に竣工したエルグレース甲子園は、重厚感あるダークブラウンの外観が印象的な4階建ての低層マンションです。閑静な住宅街のなかにある敷地は北側、西側、東側の三方向を接道、第一種中高層住居専用地域内に建設されており、計画に変更のない限り、良好な住環境は将来にわたり保たれると思われます。建物はコの字型に配置され、居住者は北側からアプローチします。徒歩5分圏内に公立小学校、幼稚園、瓦林公園、内科・小児科の各クリニック、最寄り駅の反対側には甲子園球場、最寄り駅からの帰り道にスーパー、ドラッグストア、ベーカリーなどがあるほか、歩いて行ける範囲に公園も多く、利便性に優れ、子育てにも適した立地といえるでしょう。エルグレース甲子園の分譲時の間取りは2LDK~4LDK、広さは60㎡台前半~90㎡台後半のファミリータイプが中心、壁面に柱の出ない構造を採用しており、デッドスペースが少なくすっきりとした、上質な居住空間を提供しています。オートロック、宅配ボックス、CSアンテナなど設備が充実、玄関前にはアルコープが設けられ、各戸の独立性を守ります。エルグレース甲子園の最寄り駅は阪神本線の甲子園駅で、駅から徒歩9分です。

外観

外観

外観

エントランス

エントランス

ロビー

ロビー

その他

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。