西宮市大浜町で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

お問い合わせはこちら

西宮市大浜町で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

西宮市大浜町で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

2021/06/01

西宮市 大浜町の不動産売却・購入ならお任せ下さい!

不動産売却・購入は、株式会社Fineblueまで

 

西宮市 大浜町の不動産をご所有の方、ご売却のご相談は、株式会社Fineblueにお任せ下さい。

また、西宮市 大浜町の不動産を購入をご検討されている方も株式会社Fineblueにお声掛け下さい。

弊社では、西宮市大浜町の不動産売買をお考えの方に良きパートナーとしてお客様に寄り添って、売買のお手伝いをさせて頂いております。

どんな事でも、お気軽にお問い合わせください。ご連絡、お待ちしております。

 

大浜町 【名前の由来】

四季折々の表情で私達の心を和ませてくれる夙川公園、木々の緑を映す、爽やかな水の流れ、やがて公園が途切れ川が海へ出る辺り西側の岸辺が大浜町です。今から数百年前まで大浜町あたりは、海の中、というのも海岸線は、もっとずっと山側にあったからです。夙川も阪急より手前で東に蛇行して、西宮戎社の北を通ってから海へ注いでいたと考えられています。現在の夙川の流れは繁栄する西宮の街を洪水から守る為、付替えが行われたからで、この工事によって、かつて西国街道の宿駅だった一つの村が失われたと言います。その失われた村の人々が移り住んだのが宿村(しゅくむら)➡守具➡森具(もりぐ) 後に森具村と呼ばれる様になり、夙川に乗って運ばれてくる土砂が積もって、次第に陸化していく夙川西岸の開拓に当たったといいます。開拓地には、夙川以外にも何本かの川が海に注いでいました。夙川のすぐ西を流れる小さな川、森具川。現在、芦屋市との市境なっている堀切川。堀切川は、開拓者たちが湿地を農地に変える為に切り開いた用水路だと考えられますが、年代など詳細な記録は、何も残っていません。これらの川が運ぶ土砂が堆積して、出来上がった陸地は、ジメジメしていて葦がお生い茂っていました。その葦が形容詞の悪し、つまり悪いに通じるという事で良しと言い換えられたのが葭原という地名です。

「葦(あし)➡悪し(あし)➡良し」

明治時代の大浜町は、この西宮町字葭原の一部で、田んぼが広がる他は、痩せた松の林、そして砂浜があるばかりでしたが、明治40年人々の話題をさらう出来事が起こります。阪神間で初めての総合病院(西宮回生病院)の誕生です。病院を開いたのは、陸軍軍医総監を務め大阪回生病院の設立などに活躍した菊池常三郎。菊池は、東京にいた頃から夜間、官舎で同氏と共に一般市民の診療を行い、それを回生病院と呼んでいました。回生とは、甦る事、再び元の様な生き生きとした状態へ戻る事をいいます。菊池は自身の目指した理想を隠居生活の為に訪れた西宮で実現したのでした。何人も医師がいて、内科外科、問わず入院可能、周囲の環境の良さもあって、遠隔地からも患者が訪れた事でしょう。当時、病院前には、夙川対岸と行き来できる橋があって、回生橋と呼ばれていました。

病院が誕生した翌年の明治41年、阪神電鉄が乗客誘致策の一つとして、海水浴場をオープンしました香櫨園海水浴場です。東は、西宮砲台から、西は堀切川あたりまでの一帯に音楽堂やビアホール、後には、当時、流行だったボート競技を楽しむ人たちのクラブハウスも誕生しました。夙川の河口では、シジミ狩りも出来ました。一帯は、休日を楽しむ身近なリクリエーションを楽しむ場として、人気を集めたのでした。

大浜町という町名が誕生したのは、大正時代です。土地区画整理事業が行われ、字葭原の外新田、小新田、溝尻、西波戸などの他の字と一緒になって、上葭原町・中葭原町・下葭原町・大浜町が誕生しました。整然と走る道路で区切られ、一帯は、これをキッカケに少しづつ住宅街に変わって行きました。大浜町の大きいという字は、大きいと共に立派なという意味も合わせ持ちますが、旧字名には、大浜は見当たりません。おそらく、区画整理事業の時に考え出された町名なのでしょう。白い砂浜に松林、立派な病院がある美しい浜辺というところでしょうか。

この大浜は、野坂昭如が自身の第二次世界大戦の体験を基に描いた「火垂るの墓」の舞台にもなりました。

西宮回生病院の隣に建つ菊池貝類館は、初代病院長、常三郎の孫にあたる菊池典男が院長時代、医学研究と病院経営の多忙の合間に研究、収集した。国内外の貝類1,000種2,000点を基に昭和59年、設立されました。日本貝類学会を立ち上げた黒田徳兵衛が弟子と言える菊池典男に余生を預けて研究を続けた場所でもあります。昭和39年香櫨園海水浴場が閉鎖。近年は、マンションも建ち、すっかり住宅街の顔になりました。様々な歴史を見守って来た大浜町の海岸は、地域の人たちによって大切に残され、今も変わらず憩いの場となっています。

まとめ

大浜町は、大正時代の土地区画整理で誕生。「大きな、立派な浜辺」の意味。

大浜町 グランオアシス夙川のご紹介

グランオアシス夙川香櫨園の詳しい情報◎いつでもゴミ出しができるので、自分の好きな時間の使い方ができます◎専有面積76.44㎡の物件で広々してます◎IH調理器具なので、掃除もしやすく衛生面でも快適です◎西宮市にある阪神本線香櫨園周辺で不動産情報をお求めの方は、当社にお任せください◎当社は、お客様が快適な生活が送れるよう、しっかりとサポートいたします(*´ω`*)

外観

 

 

 

間取り

 

 

 

リビング

 

 

 

キッチン

 

 

 

エントランス

 

 

 

洗面

 

 

 

浴室

 

 

 

ロビー

 

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。