西宮市神垣町で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

お問い合わせはこちら

西宮市神垣町で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

西宮市神垣町で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

2021/06/14

西宮市 神垣町の不動産売却・購入ならお任せ下さい!

不動産売却・購入は、株式会社Fineblueまで

 

西宮市 神垣町の不動産をご所有の方、ご売却のご相談は、株式会社Fineblueにお任せ下さい。

また、西宮市 神垣町の不動産を購入をご検討されている方も株式会社Fineblueにお声掛け下さい。

弊社では、西宮市神垣町の不動産売買をお考えの方に良きパートナーとしてお客様に寄り添って、売買のお手伝いをさせて頂いております。

どんな事でも、お気軽にお問い合わせください。ご連絡、お待ちしております。

 

神垣町 【名前の由来】

西宮市中央部を東西に貫く幹線道路に接続する道路「札場筋」北の端は、そのまま北東に折れ、遠く京都に至る幹線道路「国道171号線」です。国道171号線は、旧西国街道を改修して作られました。西国街道は、おそらく奈良時代以前から存在した山陽道の別名で中央政府朝廷と九州さらにその先は、海を隔てた朝鮮や中国までつながる最重要幹線道路だったのです。

日本の近代化が進む中で、交通機関が発達し、昔ながらの細く屈折の多い道路では、間に合わなくなり、昭和11年からの大改修で国道171号線に生まれ変ったのです。旧西国街道は、西宮にも一部残されています。札場筋から離れて北へ直進した先から国道とほぼ平行して京都へ向かいます。この街道沿いに神垣町は、あります。神垣町は、平地から丘陵へ続く斜面に位置する町で保育所や畑が点在する、のんびりした住宅街です。神垣町は、ちょうど廣田神社の真南にあたります。現在、見られる町名には、昔からの地名を引継いだ物が多いのですが、神垣町は、そうではありません。神垣とは、神社の周囲を囲う垣根のことで昭和13年に廣田神社のすぐ隣にある事から、新たに付けられた名前です。

まとめ

神垣町は、町域が廣田神社に隣接することから、昭和13年、新たに命名。

神垣町 オーガスタコート夙川のご紹介

和室の持つ、落ち着いた暖かい雰囲気が注目を集めてます◎投資の判断基準になる利回り◎8.2%の現行利回りです◎納得の価格帯である、購入価格1,800万円の物件は経済的です◎交通の利便性に優れ、住み良い環境が整う阪急甲陽線苦楽園口周辺は、住みたいエリアとして注目を集めています◎ぜひ、不動産の購入をご検討してはいかがでしょうか(*^^*)

外観

 

 

間取り

 

 

エントランス

 

 

エントランス

 

 

ロビー

駐車場

駐輪場

外観

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。