西宮市熊野町で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

お問い合わせはこちら

西宮市熊野町で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

西宮市熊野町で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

2021/07/10

西宮市 熊野町の不動産売却・購入ならお任せ下さい!

不動産売却・購入は、株式会社Fineblueまで

 

西宮市 熊野町の不動産をご所有の方、ご売却のご相談は、株式会社Fineblueにお任せ下さい。

また、西宮市 熊野町の不動産を購入をご検討されている方も株式会社Fineblueにお声掛け下さい。

弊社では、西宮市熊野町の不動産売買をお考えの方に良きパートナーとしてお客様に寄り添って、売買のお手伝いをさせて頂いております。

どんな事でも、お気軽にお問い合わせください。ご連絡、お待ちしております。

 

熊野町 【名前の由来】

「割算書」今からおよそ400年ほど前に書かれた現存する最古の和算書です。日本で独自の発達を遂げた和算は、江戸時代には、世界レベルの到達、関孝和など大数学者も生まれ、西洋人をも驚かす、高度な地図作成や天文学の発達に繋がりました。その和算の出発点とされるこの割算書は、そろばんを使って利息や測量、升桶の容量計算を行う実用書でした。筆者は、毛利重能。刻書には、今は京都に住む、割算の天下一だと書き記し、また、瓦林つまり現在の熊野神社一帯の住人だったことも明らかにしています。

紀州熊野那智大社と関わりが深い熊野神社。その一角には、毛利重能の偉業を称える碑が立てられています。そして、重能を祀る算学神社には、そろばんの上達、学業の成就を願い人が訪れます。割算書が書かれて数十年経った頃、大きく成長した瓦林は、3つの村に分かれました。その内の一つが上瓦林村で中心は、字大屋、つまり現在の大屋町あたりでしたが、発祥の地は、熊野神社のある字熊野、現熊野町あたりだと言われています。熊野町あたりは、かつて元屋敷と呼ばれていました。元屋敷の屋敷、大屋の屋という言葉は、現在と違い「集落」を意味していますから、それぞれ元の集落、大きい集落という事になります。おそらく当初、上瓦林の集落は、この地に生まれ、神社が創建されたのですが、武庫川の氾濫などが原因で西の現大屋町へ移転、ここで大きく発展した事が想像出来ます。元の集落跡、そして熊野神社のある地、熊野。熊野町は、この字熊野を中心に周囲の字の一部を合わせて昭和26年に誕生しました。

まとめ

熊野町は、旧字熊野を受け継ぐ

紀州熊野那智大社ゆかりの熊野神社がある。

熊野町 コスモハイツ甲子園口のご紹介

こだわりで選びたい方におすすめ◎西宮市エリアで住まいをお探しなら「コスモハイツ甲子園口」◎三口コンロが付いています◎専有面積74.6㎡なので、家族向けです◎経済面での圧迫も少なく安心の、2,480万円の物件です◎お客様のこれからの生活に大きく関わってくる住まい探しを、当社が誠心誠意を持ってお手伝いいたします◎ぜひお客様の住まいに対するこだわりをお聞かせください(*´ω`*)

外観

 

 

外観

リビング

キッチン

洗面

浴室

トイレ

バルコニーからの眺望

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。