西宮市愛宕山で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

お問い合わせはこちら

西宮市愛宕山で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

西宮市愛宕山で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

2021/04/18

西宮市 愛宕山の不動産売却・購入ならお任せ下さい!

不動産売却・購入は、株式会社Fineblueまで

 

西宮市 愛宕山の不動産をご所有の方、ご売却のご相談は、株式会社Fineblueにお任せ下さい。

また、西宮市 愛宕山の不動産を購入をご検討されている方も株式会社Fineblueにお声掛け下さい。

弊社では、西宮市愛宕山の不動産売買をお考えの方に良きパートナーとしてお客様に寄り添って、売買のお手伝いをさせて頂いております。

どんな事でも、お気軽にお問い合わせください。ご連絡、お待ちしております。

愛宕山 【名前の由来】

愛宕山の愛宕というのは、京都の愛宕神社からきており、愛宕神社は、火伏・防火の霊験のある神社とされていて、江戸時代に全国に約900に分社されたらしく、全国各地に愛宕という地名が生まれたそうです。火廼要慎(ひのようじん)と昔は、書いた様です。西宮の愛宕山辺りは、上ヶ原台地の一角で岡田山と愛宕山の間を四十谷川が流れており、浸食されて分断されたとされている。古代は、台地と入江のあった地域で近くまで海であった為、当時の古代人には、狩猟と漁撈に適した土地で好んで住まれた様です。それを証拠づける様に現在の広田小学校の北の辺りに古墳が出土して人々が生活していたことが伺える。その後、農業が中心の生活になり丘陵地から平地で生活するようになり、無人化で雑木林になるが裾野にある旧西国街道は、都と西の諸国を結ぶ街道として重要視され続けた。この辺りは、広田村と呼ばれた地域で、広田という地名が西宮地域で最初に文献に登場したそうです。大陸から飛来した豪族の広田連によって開墾された地と伝えられています。その広田村で江戸時代に大火があり京都の愛宕神社から勧請し、防火・火の用心の為と西宮愛宕神社が出来たそうです。その広田村は、中村、越水村ほか、から出来て、その後大社村となり、昭和11年に西宮市と合併する。昭和13年に町名の大編成で愛宕山と命名されました。その時に約70の町名が誕生したが町が付かない町名は5つだけで、愛宕山、岡田山、城山、奥畑、神原の5つです。昭和20年には、市営住宅が出来て、次に県営住宅、広田小学校などが出来て都市化が進み、多くの方が住まう街となって行きました。

愛宕山 中古戸建 物件のご紹介

5,180万円こだわりの条件の中でも好評の屋根裏収納付き☆やけどの心配がない床暖房なら、お子様がいるご家庭でも安心です☆好評の駅近物件となっており、駅より徒歩10分に立地しています☆中古の戸建て物件は、経済的なメリットが大きいのが特徴です☆不動産のことは当社にお任せください☆お客様のご希望に適った不動産をお探しいたします☆ぜひ当社の利用をご検討くださいませ☆お問い合わせをお待ちしております(#^^#)

外観

 

広々駐車場付き、南向きで陽当たり良好!

 

間取り

 

使い勝手の良い間取り

 

リビング

 

お洒落なリビング

 

キッチン

 

お料理好きには、嬉しいL型キッチン

 

洗面

 

三面鏡付きの洗面

 

浴室

 

ゆったり入って頂けるお風呂

 

トイレ

 

機能的なトイレ

 

屋根裏収納

 

屋根裏収納付きで季節ものなどをスッキリ収納でお部屋が片付きます。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。