西宮市荒木町で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

お問い合わせはこちら

西宮市荒木町で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

西宮市荒木町で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

2021/04/20

西宮市 荒木町の不動産売却・購入ならお任せ下さい!

不動産売却・購入は、株式会社Fineblueまで

 

西宮市 荒木町の不動産をご所有の方、ご売却のご相談は、株式会社Fineblueにお任せ下さい。

また、西宮市 荒木町の不動産を購入をご検討されている方も株式会社Fineblueにお声掛け下さい。

弊社では、西宮市荒木町の不動産売買をお考えの方に良きパートナーとしてお客様に寄り添って、売買のお手伝いをさせて頂いております。

どんな事でも、お気軽にお問い合わせください。ご連絡、お待ちしております。

 

荒木町【名前の由来】

昭和27年に誕生した荒木町は、旧集落の荒木新田に由来する。現在も南北に水路があるが、昔は、荒木町の西側に水路があり更に盛土があって、武庫川の除け堤と言って古い時代の武庫川の土手でした。また、戦国時代以降には、連続堤防が出来るまでの武庫川の位置が決まるまでは、除け堤までは、大雨の度に武庫川の水にあらわれる氾濫原だった。しかし、堤防の完成で畑が流される心配がなくなり、新田開発に熱心だった青山氏の所領となって、用水も確保され、17世紀に武庫川と除け堤の間の荒木新田、樋口新田、助兵衛新田、五郎右衛門新田、久右衛門新田等の開発が一気に進みました。荒木新田は、上瓦林村の六右衛門によって開発されたと言われている。上瓦林村から分離独立したのは、1656年ですが、2年後には武庫川が大破してしまい農民は離散を余儀なくされる苦労の歴史を歩んできた。こうして新たに開発された田畑には、通常、開発者の名前や屋号を冠した名前が付けられるが、荒木新田の場合は、開発したのは、六右衛門なので関係がない。また、荒木という商人が寄付等をしたから、その名前が付いたのかもしれないが詳細は不明です。荒木は、地名から来ている可能性もある。荒木とは、新開地という意味であるが新田も同等の意味なので重ねて使うのは、適当でないようですのでこちらもしっくりきません。はっきりしているのは、荒木町の由来は、荒木新田から来ているという事だけは、確かな事の様です。

 

荒木町 中古戸建のご紹介 6,180万円

ぜひ一度見ていただきたい、「西宮市 荒木町 中古戸建」です◎落ち着きのある住宅街に位置する、平成26年7月築の物件です◎建物面積は30坪以上で開放感があります◎ゆったりとしたくつろぎの空間のある、3LDKの物件です◎西宮市で新生活を始めるのであれば、不動産情報を豊富に扱う当社までご連絡ください◎まずはお問い合わせからお待ちしております(^_^)

キッチン

 

スタイリッシュなオープンキッチン

 

間取り

 

2LDK+S+畳スペース

 

外観

 

大和ハウス工業㈱施工

 

リビング

 

モデルルームの様です。

洗面

 

三面鏡付き

 

浴室

 

窓が付いています。

 

居室

 

ツードアワンルーム

 

寝室

 

収納力たっぷりのウォークインクローゼット付きの主寝室

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。