西宮市池田町で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

お問い合わせはこちら

西宮市池田町で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

西宮市池田町で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

2021/04/22

西宮市 池田町の不動産売却・購入ならお任せ下さい!

不動産売却・購入は、株式会社Fineblueまで

 

西宮市 池田町の不動産をご所有の方、ご売却のご相談は、株式会社Fineblueにお任せ下さい。

また、西宮市 池田町の不動産を購入をご検討されている方も株式会社Fineblueにお声掛け下さい。

弊社では、西宮市池田町の不動産売買をお考えの方に良きパートナーとしてお客様に寄り添って、売買のお手伝いをさせて頂いております。

どんな事でも、お気軽にお問い合わせください。ご連絡、お待ちしております。

 

池田町 【名前の由来】

明治以前からあった池田という字名から来ていると思われる。池田という地名には応神天皇のころ、大陸から呉織・漢織の2人の織り姫がこの地に渡り、織物や染色の技術を伝えたという伝説が残っています。その伝説に登場する松原天満宮にある染殿の池から来ているのかもしれないが詳細は、不明です。大古の入江、武庫の港が堆積作用で陸地化した後も、しばらくの間埋め残された武庫水門の名残の池があったから池田町となったのかもしれません。はっきりした事は、分かっていない様です。そんな池田町に明治7年に田んぼが残るのどかな池田町を変える大きな出来が起こります。見たこともない大きな物体が黒い煙を出して通過します。現在のJR神戸線の開通と西宮駅の設置です。当時は、大阪~神戸間で大きな駅は、三宮駅と西宮駅だけだったそうです。明治38年に阪神電車が開通すると旅客の多くを奪われる事になるが貨物の集散を中心として活躍しました。その名残で駅の北側の空き地は、当時は貨物ヤードがあったそうです。また、昭和元年には、阪神国道(現:国道2号線)が開通します。それにともない染殿町にあった卸売市場が池田町に移転し、市民の台所として賑わったそうです。その後、JR西宮駅南地区市街地再開発事業として、平成6年にフレンテ西宮が完成します。駅の佇まいは、大きく変わりましたが、市民の足としてその活動を支え活気の源となっている駅の役割は、今後も変わらないでしょう。

 

池田町 ラヴィーダ西宮のご紹介 3,450万円

西宮市周辺にある物件をお求めの方は「ラヴィーダ西宮」はいかがでしょうか。駅まで徒歩2分の位置にある、好立地な物件です。共有部分も清潔感があり、綺麗な中古マンションです。22階建てで街並みにも合ったおすすめの物件です。不動産の購入をご検討しているのであれば、豊富な物件情報を取り扱っている当社にお任せ下さい。当社がお客様のご希望に合った物件のご紹介を致します。

外観

 

駅徒歩2分

 

エントランス

 

立派なエントランス

 

エントランス

 

エントランスから建物入り口までの通路

がゆったり取られています。

 

自転車置場

 

綺麗に整理整頓されています。

 

リビング

 

15.4帖の広々リビング

 

キッチン

 

人気のカウンターキッチン

 

浴室

 

 

 

洗面

 

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。