西宮市石在町で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

お問い合わせはこちら

西宮市石在町で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

西宮市石在町で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

2021/04/24

西宮市 石在町の不動産売却・購入ならお任せ下さい!

不動産売却・購入は、株式会社Fineblueまで

 

西宮市 石在町の不動産をご所有の方、ご売却のご相談は、株式会社Fineblueにお任せ下さい。

また、西宮市 石在町の不動産を購入をご検討されている方も株式会社Fineblueにお声掛け下さい。

弊社では、西宮市石在町の不動産売買をお考えの方に良きパートナーとしてお客様に寄り添って、売買のお手伝いをさせて頂いております。

どんな事でも、お気軽にお問い合わせください。ご連絡、お待ちしております。

 

石在町 【名前の由来】

石在町には、各酒造会社の宮水井戸場が集中している。かつての夙川の川筋にあたるなど、六甲山系のいくつかの川の伏流水が流れ込み、これが宮水の源になっている。この名水が湧き出るのは、西宮神社の東およそ1㎞のところにある、東西500m南北1㎞の狭いエリアが宮水地帯となっている。宮水とは、西宮の水が略されたものとされている。この宮水を使って酒を造ると秋になってっも味が落ちないとして、酒好きに秋晴れと呼ばれ、かえって質が向上した。宮水の効用が明らかになったのは、1840年に魚崎の醸造元の山邑太座衛門によってでした。それ以来、各地の酒蔵は、争って宮水を求める様になり、宮水を専門に商う水屋まで現れました。今でこそ水に銘柄が付き、わざわざ遠隔地から取り寄せて販売されるのが普通になりましたが、当時、宮水の様な例は、世界的にも珍しい事でした。宮水の不思議な力は、その成分にありました。一般的な地下水に比べてカルシウム、カリ、マグネシウム、リンといったミネラルが豊富に含まれているが酒造の敵、鉄分が含まれていない為、発酵が微妙に調整され、美酒を生むのです。六甲山系からの伏流水が何故この地でだけ宮水とよばれる名水になるのでしょう。それは、縄文時代から、しばらく西宮にあった入海に関係があると考えられている。その時に堆積した貝殻、海藻、プランクトンなどが含まれる地層を地下水が何年もかけて流れる間に醸し出され、酒造用水として超特級の水になるのです。これまでに宮水は、いくつもの危機を乗り越えて来た。水の汲み上げすぎが原因で水質が変化した時には、生活用水に宮水を使わなくて済む様に酒造家が上水道建設資金を寄付しました。また、大空襲で焼けた大地を浸み通る雨水の影響や様々な開発事業による環境変化が心配されました。その都度、酒蔵の人々を中心に市民も力を合わせ宮水を守る取り組みが行われました。昭和29年辰馬卯一郎(西宮市長)を会長に宮水保存調査会が宮水を生む環境の保全を目指して発足し、現在も活動を続けている。宮水庭園は、震災後の平成9年8月酒造地帯の復興と西宮の宮水、酒のPRを目的として市内の酒造会社3社が宮水井戸を修景し造成した。自然環境を守る大切さにいち早く目覚め活動した西宮の人々、これは、宮水のもう一つの功績かもしれません。昭和49年、石在町の下水工事現場から2万枚近い室町時代の銅銭が出土しました。種類は、唐から明の時代の中国銭を中心に高麗や李氏朝鮮などのお金、私鋳銭も含まれている。この地域は、古くは大和朝廷の重要港、武庫の港で賑わい、その後も良い漁場をひかえ、えびす神社のお膝元として交通の要所として活気づいていました。室町時代後期の住民の中にこれだけの蓄えをした裕福な者がいたことがそれを物語っています。石在町の表記は、石在町と石才町の二通りがありました。石在町は、江戸時代始めの文献に登場、当時の西宮を形成した11町の中心でした。その後、西宮が発展するにつれ、町域は、浜辺の方へと広がり、石才濱が生まれました。濱というのは、浜方の略で商業、サービス業を中心とした本町周辺を町方と呼ぶのに対して古くから盛んだった漁業、海運業、酒造業を中心とした浜側地域を指す。この石才浜を中心に大正14年に誕生したのが現在の石在町の原型です。石在町の名の起こりは、安土桃山時代に大阪城築城の起因すると考えられている。城を築く為、六甲山麓から切り出された石材が海岸で船積みされた際、取り残される石もあったのでしょう。石在とは、そういった石があった土地(石材として積み出され損ねた石が在った地)という事で在という漢字が充てられたという訳です。古来土地の人は、石在をイッサイと呼び、また、磯き井とも言った(磯・・・小石の多い当時の石在辺りの海岸部 さ・・・語彙を整える接頭語 井・・・この辺りにあった海岸では珍しい良質な井戸が多くあった)という理由でそう呼ばれていたのでは、ないでしょうか。磯き井が変化して、いそさい➡イッサイ➡いしざいと変化というのも面白い考えですね。現在、宮水井戸は約70あり、宮水は、名水100選にも選ばれました。宮水は、人間にも優しい素晴らしい環境をくれました。

 

石在町 ユニハイム西宮のご紹介

こだわりで選びたい方におすすめ。西宮市エリアで住まいをお探しなら「ユニハイム西宮」。高さと奥行のある押入は魅力がありなんでも収納できちゃいます。バルコニーの広さが20.61㎡の物件です。専有面積は98.24平米となっており広さも十分ではないでしょうか。不動産購入は人生で一度あるかないかの大きな買い物です。失敗したくないのであれば、経験豊富なプロにお任せください。メールもしくはお電話からご連絡をお待ちしております。

外観

 

 

 

間取り

 

 

 

外観

 

 

 

集合ポスト

 

 

 

トランクルーム

 

 

 

駐車場

 

 

 

駐輪場

 

 

 

ゴミ置場

 

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。