西宮市泉町で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

お問い合わせはこちら

西宮市泉町で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

西宮市泉町で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

2021/04/26

西宮市 泉町の不動産売却・購入ならお任せ下さい!

不動産売却・購入は、株式会社Fineblueまで

 

西宮市 泉町の不動産をご所有の方、ご売却のご相談は、株式会社Fineblueにお任せ下さい。

また、西宮市 泉町の不動産を購入をご検討されている方も株式会社Fineblueにお声掛け下さい。

弊社では、西宮市泉町の不動産売買をお考えの方に良きパートナーとしてお客様に寄り添って、売買のお手伝いをさせて頂いております。

どんな事でも、お気軽にお問い合わせください。ご連絡、お待ちしております。

 

泉町 【名前の由来】

江戸時代後期、夙川や海流の長年の堆積作用で出来上がった土地を有効利用しようと新田開発が行われました。それが泉町の出発点となりました。新田開発に投資したのが、当時の西宮の酒造家である泉屋でした。その為、「泉新田」のちには、字泉と呼ばれました。明治28年、関西を代表する実業家・松本重太郎と大地主でもあり、西宮町や武庫郡の議員歴任した泉万輔がこの地に日本紡績株式会社を設立します。しかし明治34年に始まる恐慌が影響し、日本紡織の営業は悪化していきます。そこで松本は自身の設立した百三十銀行から融資をすることで日本紡織の経営不振をしのごうとしますが、銀行の経営も悪化。明治37年ついに百三十銀行が支払い停止となったことで日本紡織も破たんします。明治38年に内外綿株式会社に工場が買収されてからは順調に業績を伸ばし、西宮の近代工業発展の原動力となったと言われています。日本の近代化に必要な外資の獲得の為の中核だった繊維製品、泉町における繊維工業も、また、西宮港から大阪などへ製品を積み出し、さらには、アジア方面に輸出して、発展を遂げ、従業員が1500人を超す、大工場となりました。工場周辺は、寮や住宅などで急速に市街化し、隣の前浜町でも、当時、最新お設備を誇った酒造工場、白鹿館が建設されるなど、一帯には、活気があふれました。そして、その活気の中で字泉は、昭和5年の町域町名の改正で字泉から泉町となりました。第二次世界大戦が始まると繊維工場は、軍需工場に変わり、昭和20年の空襲で工場もろとも焼き尽くされる激動の歴史をたどりました。その後、住宅地として復興、現在は、高層マンションなども現れて、その風景は、すっかり変わりました。泉町は、元になった旧字泉は、江戸時代後期、酒造家の泉屋の資金で開発された泉新田を受け継いで名付けられたとされている

泉町 ロイヤルアーク香櫨園アルティミューラアクアコートのご紹介

こだわりで選びたい方におすすめ。西宮市エリアで住まいをお探しなら「ロイヤルアーク香櫨園アルティミューラアクアコート」。専有面積は78.53㎡で広々とスペースを利用することができる物件です。大量のごみは前日のうちに余裕を持って出すことができます。当社オススメの不動産情報をお求めになるなら、お電話やメールでのお問い合わせ、又は直接お尋ね下さい。当社がしっかりとサポート致します。

外観

 

落着いた外観です。

 

間取り

 

専用庭でガーデニングは、いかがですか

 

リビング

 

17.3帖のリビング

 

キッチン

 

人気のカウンターキッチン

 

洗面

 

三面鏡付き洗面化粧台

 

浴室

 

足を伸ばして、ゆっくりご入浴頂けます。

 

専用庭

 

テキストテキストテキストテキスト

 

24時間ゴミドラム

 

いつでもゴミ出し可能

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。