西宮市一ケ谷町で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

お問い合わせはこちら

西宮市一ケ谷町で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

西宮市一ケ谷町で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

2021/04/27

西宮市 一ヶ谷町の不動産売却・購入ならお任せ下さい!

不動産売却・購入は、株式会社Fineblueまで

 

西宮市 一ヶ谷町の不動産をご所有の方、ご売却のご相談は、株式会社Fineblueにお任せ下さい。

また、西宮市 一ヶ谷町の不動産を購入をご検討されている方も株式会社Fineblueにお声掛け下さい。

弊社では、西宮市一ヶ谷町の不動産売買をお考えの方に良きパートナーとしてお客様に寄り添って、売買のお手伝いをさせて頂いております。

どんな事でも、お気軽にお問い合わせください。ご連絡、お待ちしております。

 

一ヶ谷町 【名前の由来】

一ヶ谷町があるところは、上ヶ原台地の西南部に位置しています。大古の昔、この辺りでは遺物や遺跡が多く発見された地です。また、六軒山からは、神戸東部から阪神間では、ほとんど出土していない、縄文時代以前の物と思われる、石匙(いしざじ)が発掘されています。石匙とは、動物の皮を剥ぐ道具で当時この辺りで狩猟生活が行われていた証となる物です。縄文時代の人々の主たる生活圏は丘陵でした。石で作った様々な道具を携えて丘を駆け、山の幸を得て生活をしていました。農業が始まった弥生時代以降になると生活の場を平地に移し、上ヶ原台地は、古墳がいくつも築かれるなど、聖なる地として残される事となりました。上ヶ原台地に人間が戻ってくるのは、全国的に新田開発がブームに沸いた江戸時代になってからです。

一ヶ谷町付近にも、開発された地、開地から来た字名がありました。ケ市(かいち)、内垣内(うちがいち)という字名があったそうです。一ヶ谷という地名も西宮をはじめ関西では、谷(たに)を(や)と発音する例が少ない事から、これは、集落という名の 屋=や であり、いち=開地 という事で開地の屋(かいちがや)と呼んでいた、新開発地の集落という意味の言葉が訛って一ヶ谷となったと思われる。

一ヶ谷町 東急ドエル・アルス西宮山手のご紹介

「東急ドエルアルス西宮山手」のここがイチオシ◎専有面積が75.81㎡と十分な広さでゆったりと生活できるのではないのでしょうか◎フローリングなので、どんな世代の方にもなじみます◎住まい探しで大切なことは、信頼できる不動産会社を選ぶことです◎弊社では、お客様としっかり向き合い、住まい探しをサポートいたしますので、安心してお任せください(^_^)

外観

 

フルリフォーム済の物件です。

 

間取り

 

使い勝手の良い間取りです。

 

リビング

 

17.4帖の広々リビング

 

キッチン

 

人気のカウンターキッチン

 

洗面

 

三面鏡付き洗面台

 

浴室

 

新品のお風呂はいいでえすね

 

トイレ

 

木目のツインのペーパーホルダーお洒落

 

和室

 

琉球畳になっています。

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。