西宮市今在家町で不動産売却・購入をお考えの方は株式会社Fineblue

お問い合わせはこちら

西宮市今在家町で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

西宮市今在家町で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

2021/05/06

西宮市 今在家町の不動産売却・購入ならお任せ下さい!

不動産売却・購入は、株式会社Fineblueまで

 

西宮市 今在家町の不動産をご所有の方、ご売却のご相談は、株式会社Fineblueにお任せ下さい。

また、西宮市 今在家町の不動産を購入をご検討されている方も株式会社Fineblueにお声掛け下さい。

弊社では、西宮市今在家町の不動産売買をお考えの方に良きパートナーとしてお客様に寄り添って、売買のお手伝いをさせて頂いております。

どんな事でも、お気軽にお問い合わせください。ご連絡、お待ちしております。

 

今在家町 【名前の由来】

大正14年にこの辺りの住所が整えられた。今在家町は、従来の名前を引き継いだものと言われています。

1684年(貞享元年)西宮町浜地図にも今在家の名が記されている。江戸時代の今在家は、札場筋沿いに北へ北へと西宮の家並みが拡大していった結果、誕生した町です。

札場というのは、幕府の法令などを掲示した高札が立てられる場所のことで、札場筋には、その札場が2ヵ所もある西宮のメインストリートで北側には、越水村、その先は、京へと続く主要幹線西国街道に繋がっていました。繁栄し、膨れ上がる西宮の街の勢い、街道の賑わいが産んだ町が今在家町です。

在家とは、本来、出家した人や僧侶に対して一般人を意味する仏教用語ですが、中世以来、寺の領域内にある農家や一定規模の集落と意味する様になりました。また、今というのは、新しいという意味で、つまり今在家というのは、新しく誕生した集落、現在でいう新興住宅地の普通名詞で、それがそのまま定着したのでした。

明治に入り撤去された勤番所の跡に三浦座(戸田町)という劇場が建てられました。定員850名で歌舞伎や喜劇が上演されました。

明治38年に阪神電車が開通し、明治45年には西隣の田中町に阪神西宮駅が開設されました。多くの乗降客で賑わう駅前でしたが、しかし逆に手軽に出かけられる様になった神戸や大阪にお客が一部流れてしまいました。とはいっても、今在家町には、敷島劇場、与古道町の戎座などもあって、芝居、寄席、映画といった大衆芸能がお客を楽しませました。周囲には、遊技場や酒場、飲食店も集まり、戸田町・今在家町を中心とした一帯は、阪神間でも指折りの一大歓楽街となりました。

昭和に入り、戦時色が強まる中、劇場では、慰問会などが開催されました。厳しい市民の生活にささやかながら、華やかさを添える存在でした。西宮が焼け野原になった第二次世界大戦、しかし、街は、また、活気を蘇らせました。

今在家町 収益物件のご紹介

不動産が投資に適しているかどうか判断の目安としてチェックされることが多いのが利回りです!6.24%の想定利回りの物件はこちら!快適な設備と環境の整った、1億円の物件です!業界の注目を集める投資用物件になります!電車移動の多い方には、駅から徒歩3分の物件がおすすめです(^o^)

外観

案内図

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。