西宮市学文殿町で不動産売却・購入をお考えの方は株式会社Fineblue

お問い合わせはこちら

西宮市学文殿町で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

西宮市学文殿町で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

2021/06/08

西宮市 学文殿町の不動産売却・購入ならお任せ下さい!

不動産売却・購入は、株式会社Fineblueまで

 

西宮市 学文殿町の不動産をご所有の方、ご売却のご相談は、株式会社Fineblueにお任せ下さい。

また、西宮市 学文殿町の不動産を購入をご検討されている方も株式会社Fineblueにお声掛け下さい。

弊社では、西宮市学文殿町の不動産売買をお考えの方に良きパートナーとしてお客様に寄り添って、売買のお手伝いをさせて頂いております。

どんな事でも、お気軽にお問い合わせください。ご連絡、お待ちしております。

 

学文殿町 【名前の由来】

武庫川沿い、阪神電車と2号線に挟まれた一帯は、旧鳴尾村の長い歴史が垣間見える地域です。地域の中程を通る、旧中国街道。現在は、武庫川橋で武庫川を渡りますが、江戸時代までは、渡しがあり、付近の村がその仕事にあたっていました。この小松の渡しを渡った先には、おかしの宮と呼ばれた長い歴史を誇る神社がありました。岡太神社です。ここで毎年、一時上臈が行われます。平成9年を最後に奉納行列は行われなくなった。むかしむかし、神社の森に乱暴な狒々(ヒヒ)が住み着いた事がありました。それを岩見重太郎という豪傑が、生けにえの娘の代わりとなって退治、喜んだ村人が毎年、娘の身代わり人形を神社に奉納したのが、この一時上臈の由来である。こしきゆかしき神社のには、そんな昔話も伝わっています。

学文殿町は、覚文田と書かれていた、元々、覚文和尚という人がいて、その方の田んぼという意味だったのでしょう。これには、文教の地にふさわしい漢字が選ばれ当てられました。

まとめ

学文殿町は、覚文という僧侶の田畑という意味でのちに文教の地にふさわしい漢字が選ばれ当てられました。

学文殿町 ロイヤルシャトー西宮学文殿町のご紹介

「ロイヤルシャトー西宮学文殿町」:西宮市エリアの新居にピッタリ♪三口コンロが付いています♪家族におすすめな4LDK♪設備も充実しています♪洗濯物を干して乾かせる浴室乾燥機付きのお風呂場のある物件です♪西宮市エリア内にある阪神本線鳴尾・武庫川女子大前周辺で不動産をお求めなら、地域に詳しい当社にお任せください♪新生活を快適にスタートできるよう、しっかりとサポートいたします(#^^#)

外観

 

 

間取り

 

 

リビング

 

 

リビング

 

 

キッチン

 

 

洗面

 

 

浴室

 

 

バルコニー

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。