西宮市神楽町で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

お問い合わせはこちら

西宮市神楽町で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

西宮市神楽町で不動産売却・購入をお考えの方は、株式会社Fineblue

2021/06/10

西宮市 神楽町の不動産売却・購入ならお任せ下さい!

不動産売却・購入は、株式会社Fineblueまで

 

西宮市 神楽町の不動産をご所有の方、ご売却のご相談は、株式会社Fineblueにお任せ下さい。

また、西宮市 神楽町の不動産を購入をご検討されている方も株式会社Fineblueにお声掛け下さい。

弊社では、西宮市神楽町の不動産売買をお考えの方に良きパートナーとしてお客様に寄り添って、売買のお手伝いをさせて頂いております。

どんな事でも、お気軽にお問い合わせください。ご連絡、お待ちしております。

 

神楽町 【名前の由来】

2001年9月24日の新西宮ヨットハーバーにおいて、西宮神社の船渡御がおよそ400年ぶりに船を使って催されました。既に1190年、中山忠親が記した日記「山槐記」にも記述がある船渡御。織田信長の車両没収により途絶えるまで華やかに行われていまいした。当時は、何艘も船を連ね、和田岬の仮宮では、花を飾り、鼓笛を鳴らして、舞などを奉納していました。この様な神事に際して行われる、笛や太鼓の演奏や舞、これが神楽です。

かつて西宮神社の北側、産所町には、神楽に所縁の深い、傀儡子(くくづ)、巫女(みこ)、神人(じにん)などが住んでいました。傀儡子(くくづ)は、人形芸を中心とした旅芸人で「えびすかき」、「えびすまわし」と呼ばれ、戎神社のお札を全国に配布して、戎信仰を広めました。神人(じにん)は、神社に属し、雑役など奉仕する代わりに商工業や芸能活動の権利を保証されました。これらの人々は、事あるごとに保護者である戎神社に神楽を捧げた事でしょう。幕末になって、傀儡子(くくづ)たちは、姿を消しました。しかし、神楽は、産所町の傍にあった田んぼの収穫を経費にあてて、奉納し続けられました。そんな神楽の為の田んぼを中心に明治8年、地租改正の時、神楽田という字が制定されました。この神楽田が大正15年の町域再編時、神楽町の基になりました。この頃の神楽町は、まだ一面、田んぼばかりで夙川に両側には、葦が茂っていたと言います。

昭和元年、阪神国道、現在の国道2号線が町内を貫いて開通しましたが家と言えば、国道の北側に5~6軒、南側にも10軒あまりしかなく、広い国道は、車もほとんど走っていなかったそうで、当時、路面電車が走っていたという事です。

神楽町 シャレード夙川のご紹介

東海道・山陽本線さくら夙川周辺への引っ越しをお考えなら「シャレード夙川」!駅まで徒歩4分なので、移動時間を短縮できます!解放感溢れる3LDKの物件はこちらです!食器洗乾燥機は食後の家事の時間短縮に役立ちます!当社スタッフがお客さまの住まい探しをお手伝いいたします!東海道・山陽本線さくら夙川周辺の不動産情報をお求めでしたら、お気軽に当社へお問い合わせください(*´ω`*)

外観

 

 

玄関

 

 

リビング

 

 

キッチン

 

 

洋室

 

 

洗面

 

 

浴室

 

 

トイレ

 

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。